2019年

2019年 · 21日 5月 2019
こんばんは。ドイツレベル1/32のEC135(JA118D)が、完成致しました。本当に永らくお待たせしてしまったのにも関わらず、クライアントさんに完成報告をしたところ、「完成はうれしいけど、これで途中の作業進捗レポートが終了してしまうと思うと少しさみしくて残念だ、、、。」と、、、モデルビルダー冥利に尽きる言葉を頂き感動です。このキットは、決して完成度の高くないドイツレベルのキットを2機使っての製作でした。今回モデルアップした実機は、北海道の手稲病院配置のJA118D。北海道ならではのスノーダメージを回避するパーティカルセパレーターがインテーク前方についております。無事に完成出来て一安心です。最初の画像は、この機体の苦労話をデンデ部長と語りながら最終仕上げをしている様子です。長期にも関わらずご理解いただいた北海道のクライアント様には本当に感謝です。さて、次は、メルセデス540Kのレストア仕上げ、ポルシェ3台の製作継続、ラジヘリLama の製作、、、と続きます。
2019年 · 19日 5月 2019
ラジコンのEC135とディスプレイのEC135、並行して製作です。ディスプレイの方は、難関だったルーフ前方のパーティカルセパレーターの工作も終わり、残すところブレードの前縁のステンレスストリップの貼りこみで完成です。デンデ部長がウインドシールドにワイパーを取り付けております。一方、ラジコンのEC135は、スワッシュプレートを再製作し、テストフライトの為いつも行っています体育館でテスト終了しました。当日は、いつも一緒に飛ばしている2人の友人が同行してじっくり調整飛行を致しました。3人とも同じ整備士学校の卒業生仲間です。画像は、現役の1等航空整備士である友人にフライトしてもらい私が撮影しております。
2019年 · 14日 5月 2019
こんばんは。1/18EC135の内部機関組み込みが終了しまして、テストフライトもほぼ無事に終了致しました。静かです!フェネストロンの音が心地よいです。スワッシュプレートとウオブルプレート、ピッチリンク、フェネストロン等々のガタや遊びをできる限り無くしたので現在、縦振動、横振動もなくメインローターもイントラックで本当に静かで滑らかに飛びます。テストでは実機のテストフライトプロシデユワーに沿って実施してみましたが、舵が滑らかに確実によく入ります。勿論、塗装後には再度振動調整が必要になりますが、、、。一昨日、実機EC120Bの仕事で出張したのですが、実機のオーナーから是非ラジコンのEC135を見せてほしいとのリクエストにお応えし、実機の側でホバリングし、オナーに撮影していただきました。オーナーがポツリと、、、「EC120ならもっとよかった!」と。さて、今週木曜日に整備士仲間の親友と最終TESTをしてから分解、いよいよ塗装に入ります。本機に関しては、たくさんのお客様から販売価格のお問い合わせをいただいておりまして恐縮で感謝です。しかし、完成後は少しの間、PRETAのデモ機として飛んでもらいますのでご理解頂ければ幸いです。
2019年 · 08日 5月 2019
ヘリスケールの1/18 EC135にブレード230S/V2を組み込んで、4ローターとフェネで製作中です。テスト飛行ではとてもよく飛んで操縦も驚くほど簡単でした。欲を言えばもう少しだけリフトがあってもいいかな?まあ、そこが逆に実機らしくて面白かったりするのですが、、、。日没まじかにナブライトを点灯してランディングしてくる様は、実機でした!さて、明日からは、並行製作中のフルディスプレイ(プラモデル)のEC135の仕上げに入ります。
2019年 · 05日 5月 2019
皆様こんばんは。ゴールデンウイークもいよいよ明日で終わりですね。PRETAは、模型と実機の仕事が半々で、ゴールデンウイーク中も終始仕事でした。さて、今回の作例はBell206ジェットレンジャー!懐かしいですね。40年以上前に羽田空港の各新聞社航空部がいろいろなヘリを配備しておりました。毎日新聞と朝日新聞がこのジェットレンジャーで、読売がBO105でした。若かった頃、私たち整備士には新聞社航空部が憧れでしたね。少なくても私にとっては大手のエアラインよりも魅力的だったのを覚えております。今回の作例もとても安定したスケールフライトが可能です。1/32で新聞社報道ヘリを数機そろえて実機のように次から次えと報道離陸なんかやったらカッコいいでしょうね。別件ですが先日友人とT rex150で同時飛行をやりどこまで近づけるかなんて遊んでおりましたが、結果空中接触で2機とも不時着してしまいました。反省し、安全飛行を心がけます!
2019年 · 26日 4月 2019
昨年の11月、一人のクライアントさんからこんなリクエストを頂きました。「ブルーサンダーのマイクロR/Cヘリ、作れませんか?」「、、、、」詳しくお話を聞きますとモノグラム1/32のプラモデルキットをラジコンで飛ばしたいとの事です。一瞬、半信半疑でしたが、クライアントさんの並々ならぬ強い熱望を感じ、モデラー魂に火がついてしまいました。飛んだらカッコいいだろうし、飛ばしてみたい。浮くだけではなくコントローラブルに安定した飛行を実現したい、、、と。で、製作をお受けして先ず、直面したのが軽量化でした。助手のデンデ部長が、リューターを駆使しプラモールドを限界まで削り込み、結果、ボディは62%の減量ができました。テストホバーが成功した時は、鳥肌でした!塗装と外装はプレタのお家芸。シャープに実機らしくを目指しました。特にサンダーブルーは、事前に何度何度も映画を見て、ピュアブルー、ピュアグリーン、ブラックを何度も調合して実機に近づく努力をしました。完成は一昨日、内部機関はXKのK123を流用しましたが、特にパワー不足も感じる事もなくとても操縦しやすいスケールヘリに仕上がりました。目線の高さでホバリングしているブルーサンダーはカッコいい!怒られるかもしれませんがエアーウルフとは違うマニアックな魅力です。やはり、Bell222よりSA341!映画に使われた実機がすでにアメリカ フロリダの某所で朽ち果てているらしいですが残念ですね。しかし、ブルーサンダーは蘇り今ここにいます!HE'S OUT THERE…” この場をお借りしてこのような楽しい製作をオーダーしていただいたクライアント氏に感謝いたします。
2019年 · 16日 4月 2019
皆様こんばんは。1ッか月振りのブログです。今回はEC145T2。ヒロボーのSRBシリーズはEC145、、、日本ではBK117/C2と呼ばれていますが、今回の機体、日本の呼び方だとBK117/D2となります。おなじみ、ヘリスケールクオリティのキットからの製作です。機体の特徴は日本で多く使用しているEC135より一回り大きい機体で、BK117/C2が通常のテールローターだったのに対し、D2はフェネストロンになっております。ヨーロッパでは、とてもポピュラーな機体で、スイスの山岳救助レガや、フランスの国家警察航空隊ジェンダルマリエなどで活躍しております。ジェンダルマリエといえば、以前ニュースで、フランスの雪山斜面にスキッドを突き当てて神業救助している動画で話題になりましたが、マリエの機体も近日中に製作したいと思っております。実はここのチームのスタッフにはネットで知り合った友人がおりまして、画像や、ペイントのコードナンバーなど、親切に教えて頂いており何とか早く作りたいと思っております。さて、本題ですが今回は内部機関をT rex150を予定しましたがテストの段階で縦方向の安定がうまく取れず、急遽K110に換装しました。テール駆動はフェネストロンから通常のテールローターがダクト内部で回る方式となりましたがブレードは4枚を実現できました。飛行はものすごく安定しており少し大きいきたいであるにかかわらずパワーも十分に感じます。近日中に弊社デンデ部長が動画を撮影してYouTubeにUPすると思いますので良かったら覗いてください。
2019年 · 18日 3月 2019
海保の212完成です。珍しく固定ピッチなので少し心配でしたがマイルドな感覚の飛びです。コレクティブピッチのような敏感さ、俊敏さは無いですが固定ピッチもなかなか良いですね。しかしこの機体、ホバリングしていると実機みたいに見えます。部屋に飾っておいても絵になります。若干重いので夜なべして重心を合わせていた重りをとりバッテリーを前方に移動しました。結果、20グラムの軽量化です。本日風の様子を見て最終テストをしてヤフオクに出品です。
2019年 · 17日 3月 2019
こんばんは! ベル212の続きです。塗装とデカール、クリヤーコーティングが終わり、パネルラインも終了しました。すでにテストフライトは終了しているのですが、この時点でもう一度メカを積んで月曜日にホバリングと簡単なエアワークのテストをしようと思っております。本機は完成後は早々ヤフオクに出品致します。今回は内部メカがブレード200SRXなので送信機をセットした状態で出品予定です。良かったら覗いてください。なんだか本日は埼玉も少し寒さが戻っております。寒いのは嫌ですね。
2019年 · 09日 3月 2019
皆様 こんばんは。だいぶ暖かくなりましたこの頃です。本日も夕刻いつものフライトエリアへテストフライトに行ったのですが、本当に穏やかで暖かかったです。フライトエリアでいつも散歩されている近隣の方にも「今日は暖かいね!」なんて声をかけられたりしました。本題です。現在、海上保安庁仕様のBell212を製作中です。勿論ヘリスケールクオリティの1/35キット。内部機関はBlade 200SRXをチョイスしました。固定ピッチですが動きが穏やかでBell212にはあっているかと、、、。ベースホワイトを終わり、明日からカラーリングです。話は変わりますが、添付画像の最後の3枚、、、新たに導入したBlade 230S V2です。日本円で3万円くらい。飛ばすにはスペクトラム製の送信機が必要ですが、飛ばしてみて驚愕!思ったようにな理想のスケールフライトが可能です。本当に飛ばしやすい。実は以前からドイツのヘリスケールクオリティのチーフビルダー peter reinerth 氏よりアドバイスを頂いていました。テツヤは何故Blade 230を使わない?使うべきだ!、、、と。で、思い切って導入しました。なるほど!良く浮く!翼型のせい?ローター回転の変化にも挙動の悪い変化がでない。走らない。舵が良く入る!ましてテールがブラシレスモーターなのでフェネストロンの工作には最適です。これでEC135ドクヘリの1/18を製作してみようと思います。勿論4ブレード、フェネストロン仕様で、、、楽しみです。

さらに表示する