2019年

2019年 · 18日 1月 2019
皆様こんばんは。今回はベル47です。この機体は私にとってはヘリの原点。本当に思い出深い機体です。今から40年ほど前にわたくしが初めてヘリ整備士の免許を取得したのがベル47でした。当時は日本農林ヘリコプターという会社でこの47G2というヘリに整備士として同乗し、日本中を農薬散布で飛び歩いた思い出があります。出張中、エンジンの点火系統がトラブったり、フライトコントロールのパワーシリンダーがトラブって現地野外で交換したり、、、今思い出すと若干20歳くらいの経験の浅い分際でよく何とか飛ばし続けたものだな~と思ったりもします。当時の機体は、樽型の燃料タンクが二つ付いていました。1日何本ものアブガスのドラム缶から一斗缶に移し燃料給油したり、定時間点検をくりかえしたりしました。懐かしいですね~47!話は変わりますが、最近昔の整備士仲間とラジコンヘリを飛ばす機会があります。笑ってしまうのですが、航空整備士ってやはりラジコンヘリの取り組み方もつくづく航空整備士。失敗を繰り返さないようにコーションタグやチェックリストもどきを独自で作ったり、、、工具や持ち物も整理整頓。思わず笑ってしまいます。ヘリは楽しいですね!
2019年 · 12日 1月 2019
みなさま、明けましておめでとうございます。新年一作目の機体はヘリスケールクオリティー社製のEC135です。内部機関は、Trex150X。おなじみのヘリスケールクオリティなので特に問題なく製作が進みましたが、このキットの難点は、ボディの材質上、ペイントのくいつきが悪い点と機関のマウントが若干難しい点です。これらのもんだいに関しては、本家ヘリスケールクオリティのモデルビルダーであるカールさんから頻繁に親切なアドバイスを頂き大変感謝しております(ダンケ!)。カールは、内部機関に関しては、なぜかBlade製の機関を進められるのですが、当方は使い慣れているせいか、XK110やアラインのTrex150X、250PROなどを使っています。今回初めてBlade 200SRXという機関を入手してこれからTESTするところです。で、、、余談になりますが、後半の画像に、アルエットとラマを載せています。昨年末に購入いただいたドイツの特殊部隊GSG9のアルエット2。年明けにお届けしたのですが、当方の不備で数か所不具合が発生。なんとも申し訳無い事です。すぐに対処させていただきましたが、改めてこの仕事の最終の目的は、購入された方に喜びや感動を差し上げる事だから今まで以上に丁寧に作品を作らなくてはと痛感いたしました。寛容な対応をして頂きました購入者様には感謝です。皆様、本年度もよろしくお願い致します。